妊活中の方へ

赤ちゃんをいつでも迎えられるためには、まずママの体のケアと産まれてくる赤ちゃんの為にママのお食事が重要です。ご自身のからだを優しくいたわってケアしていると、心身共にリラックスして妊娠しやすい体になります。

「不妊の原因とは?妊活・温活とは?」

不妊症で悩んでいる方に多く共通するのは、「冷え性」

西洋医学の観点からは、不妊治療の場合、排卵を促すための薬を使用するなど症状に対する対症療法が主流ですが、東洋医学の観点では、症状に対しての元々の根本原因へアプローチしていきます。そこで東洋医学では、不妊の根本原因は冷えとストレスだと言われています。「血の巡り」という言葉がありますが、体は代謝が良くなると血行が良くなります。反対に代謝が悪くなると、いわゆる血の巡りが悪いという状態になり、不妊や生理痛がひどくなると考えられています。
「妊活中」の方には、体を温める「温活」を強くおすすめしています。

なぜ冷え性は不妊の原因に?

冷えによる自律神経の乱れと基礎体温の乱れが妊娠しづらい体にしてしまいます。
冷え性は気温に左右されずに起こるもの。たとえ真夏でもエアコンが効きすぎた部屋にいると、冷え性の人は手足が冷たくなります。
この冷えは自律神経の乱れで起こるのですが、自律神経が乱れると女性ホルモンの働きも乱れ、卵巣機能の働きが悪くなるのです。
また、冷えが続くと血行不良になり、基礎代謝と免疫力も低下します。すると基礎体温にも乱れが生じてしまい、なかなか妊娠しづらい体になってしまうのです。
そのため、体を意識的に温めていく温活は重要なのです。

冷え性を改善するためには?

  • 体を温めることを意識する
  • お腹の冷えをチェック!
  • 腸内環境を整える
  • 足のリンパを流す

手のひらでお腹を触ってみた時、お腹が冷たいと感じることはないですか?

腸内環境を整える

お腹が冷たくなっている時は腸も冷えています。
腸の冷えは体全体の冷えにもつながります。腸には体の約70%の免疫細胞が存在しており、腸が冷えると免疫細胞の動きも悪くなります。
腸は「第二の脳」とも言われるほど私たちにとって大切な臓器。腸内には800億~1,000億を超える細菌が存在しています。腸内環境を良くするためには、腸内に善玉菌を増やすことが重要です。

リンパを流す

冷え性の人は、冷えを感じる手足の末端だけマッサージをしても、冷え性の改善にはなりません。 血液やリンパの流れが滞っていることから体の冷えは起きますので、体全体をマッサージしてリンパを流しましょう。
特に妊活中の人は、下半身全体のケアをすることがオススメです。足全体のリンパを流すことで、余分な老廃物が流れるので血流が良くなります。
体内に余分な水分・老廃物が滞っていると、体はストレスを感じるため自律神経に影響して内臓の働きが悪くなります。すると子宮の働きも低下するので、受精しにくいなどの影響が出てくる可能性があると言われています。

むくみを解消する

冷え性の人の多くは、体のむくみも感じています。 そこで、以下の項目をチェックしてみてください。

むくみチェックポイント
  • 手先・足先が冷えている
  • あまり汗をかかない
  • 寝不足が続く
  • 塩分の多い食事を好む
  • 外食が多い
  • 夕方になると靴やブーツがきつく感じる
  • 貧血気味
  • 運動不足
  • 足のむくみや痛みで夜なかなか寝付けない

上記の項目に3つ以上当てはまる人は、体がむくんでいる可能性がありますので注意してください。 特に足のむくみは、見た目でもわかるほどパンパンになってしまいますので、見た目のスタイルにも大きく影響します。
さらに痛みも伴いますので、美容と健康の面から見てもかなりのデメリットです。
むくみの原因は、自分ではなかなかわかりづらいこともありますが、エステティシャンに相談して原因がわかれば、生活のなかで改善していく手立てを教えてもらえるため、すぐにむくみ対策を実践していくことができるのです。

塩分の摂りすぎにもご注意!(シュエットでは妊活のお食事指導も行います)

特に妊活中の人は、塩分が多い食事にも注意しましょう。(一部です)
塩分が多い食事をすると、体のナトリウム濃度が上がるため、体はバランスを取ろうとして体内に水分を溜めておこうとします。これにより体のむくみが生じてしまうのです。

冷え性の改善は、体全体のケアにつながる

赤ちゃんをいつでも迎えられるために、冷え性を改善していきながら、体全体のケアをしていきましょう。
是非お気軽にご相談ください。

ネット予約 LINE@