ブログ

リフレクソロジー

リフレクソロジーには西洋式と東洋式があります。

西洋式リフレクソロジーは、足裏や足の甲などにある反射区をくまなく刺激するトリートメントで、どちらかというと痛みの少ないソフトな刺激で反射区にアプローチします。そのため心地よさやリラクゼーション効果の高い施術といえます。リフレクソロジーを行う際にはアロマオイルやパウダーなどを使用し、ストレス解消や手足のむくみ、肩こりや腰痛の解消、冷えの解消、疲労回復効果などが期待できます。

一方、東洋式のリフレクソロジーは足裏や足の甲などにある経絡やツボを中心に反射区をくまなくトリートメントする方法。基本的に指の関節や器具を使って行うため、どちらかというと刺激の強い、やや痛みを伴う施術をいえます。

リフレクソロジーを行う際には西洋式と同じようにオイルを用いることもありますが、一般的には素肌に直接行ったり、あるいはクリームなどを使うことが多いといわれています。

効果としては、肩や腰のコリ、冷えの解消、手足のむくみ、疲労回復、ストレス解消などが挙げられます。

カテゴリ一覧

ネット予約 LINE@