ブログ

クレンジングの間違ったやり方

洗顔は美肌への第一歩──ということで、クレンジングは念入りにというのが一般的な考え方です。しかしクレンジングも力みすぎるとかえってお肌を痛めたりすることにつながり、きれいになるどころか肌荒れのもとになってしまうので注意したいもの。

たとえばゴシゴシ肌をこすったりするのは絶対にNGですが、勢いの強いシャワーを使って洗い流す、石鹸カスが残らないほうがいいという思い込みから20回も30回もお湯をかけて洗い流すなどのやり方も×。

クレンジング剤は手にとって肌になじませたら、優しくクルクルと円を描くような感じで指の腹を使います。そして洗い流すときは両手に35~36℃程度のぬるま湯をとり、顔をこすらないようにしましょう。

アイメイクが落ちにくい時はあらかじめコットンに専用のクレンジング剤をとって落としておくのが◎。小鼻の汚れなどもゴシゴシこすってしまうと、よけいにくすんでしまったりする原因になるので気を付けてくださいね。

カテゴリ一覧

ネット予約 LINE@