ブログ

ワインで楽しくダイエット

2015.04.13

こんにちは。

無理なくダイエットするとするとどんなダイエットがあるのでしょうか?

前回お話したようにBMIから理想の体重を算出して、毎月3キロダウンしたとしたらどのくらいの期間で、どのくらいの体重が減ることがなんとなくわかってきたでしょうか?

いよいよ目標数値が決まったら、その値に向けてダイエットをしていきましょう。

といっても今日から食べる量を減らして水を飲んで我慢する!

なんて気合を入れなくても大丈夫です。

なんでもそうですが、気合を入れすぎると何事もうまくいかないことが多いです。

肩の力を抜いて、少しずつならしていきながら、健康によい食生活リズムが作れて、気がついた時には健康な食生活が当たり前になっていた、なんてことが一番理想的ですね。

さて最初に健康的にダイエットする上で一番ポイントとなってくるのが、炭水化物になります。

炭水化物、主に主食のお米です。

炭水化物はエネルギーがたくさんあり脂肪にもつきやすくなります。ですのでこの炭水化物であるお米を減らすことがキーとなってきます。

でもこのお米、完全になくしてしまうのは、実は逆に病気を引き起こしてしまいまうのです。

ではどうしたらいいのでしょうか?

それは、お米を食べるタイミングを考えることです。そのタイミングを朝に持ってくるのです。

そうすると、朝食べたお米は1日活動していく中でエネルギーとなって消耗していきます。

逆に夜食べると、後は寝るだけですので、とった炭水化物がそのまま寝ている間に脂肪となってしまうのです。

ということで、朝はご飯に味噌汁、たまごや魚、肉などしっかり食べても大丈夫、逆にこの時にしっかり取らないと、栄養が偏ってしまいます。

昼は麺類や、多少のご飯におかずを食べても大丈夫です。

そして夜は、炭水化物類を全く食べるのをやめ、野菜をメインに持ってきます。

でも夜、主食であるご飯を食べないのはちょっと物足りないですよね。

そこで出てくるのがワインになります。

前回お話しした通り、ワインには脂肪をつきにくくする成分が含まれているため、夜とった食事もワインを取ることで体内に無駄なものが蓄積されにくくなります。

また、食べる順番によっても脂肪になりにくかったり、なりやすかったりします。

まずは、野菜を多めで食べ、その後にお肉や魚などを食べます。

毎日必ずこの方法で食事をしなければいけないということはありません。

たまには外食をしたくなる時もあります。

一週間に一度はダイエットを気にしないで食べる食事が1つくらいあってもいいと思います。

でも、面白いことに上記のようなダイエットの食生活をしているといつのまにかあまり偏食をしなくなっていきます。体が慣れてくるんですね。

自ずと週に1回だった外食も一ヶ月に1回、最後は年に数回とだんだん減っていくと思います。

〒152-0035 東京都目黒区自由が丘2-9-4 自由が丘 吉田ビル3階 302号室

03-6421-1966

自由が丘シュエット

ブログ記事一覧へもどる