ブログ

低体温からの脱却をめざそう

2015.01.30

今年の冬は、暖冬と言われていましたが、 ふたを開けてみると、全然寒い日々が続いていますね。 昨日も雪がちらついたりしましたが、体調は崩されておりませんでしょうか。 外に出るのも億劫になるくらい寒いですが、 こうした寒い日には、しっかりとしたカラダのケアが必要です。 特に低体温になっていないか気をつけてくださいね。 通常、健康な人の体温は人によって違いはありますが、 36.5〜36.7° と言われております。ところがそれよりも はるかに低い体温の人が増えているそうです。 体温が冷えるとどのような問題が発生するのでしょうか。 例えば、 体温が1度下がったとしましょう。 すると、 免疫力が37%低下すると言われています。 免疫力が大きく下がるということは、体外からのウイルスや菌からの攻撃に カラダを守る事が出来なくなります。 つまり、風邪を引いたり、アレルギーを引き起こしたり、さらには 重大な感染症を引き起こしたりすることにもつながってきます。 それだけでも十分怖いことですが、 さらに カラダの基礎代謝が12%も低下します。 我々人間は、急激な運動をしなくても、カラダは燃焼を続けています。 それは基礎代謝という人間が呼吸をし、生命を維持するために必要な代謝のことを言いますが、 その代謝が大きく低下するということは、脂肪が燃焼しにくい状態になり、 太りやすいからだになってしまうということなのです。 ダイエットを考えている人にとっては、冷えは大敵だと言えますよね。 また、ガン細胞は、体温35°が最も活動する温度と言われています。 逆に39.3度でガン細胞は死滅するとも言われています。 美容のみならず健康なカラダつくるためには、低体温を解消することがとても 大切なのです。 昔から 「冷えは万病の素」だと言われています。 まだまだ、寒い冬は続きますが、 自分のカラダが「冷え」「低体温」でないか、常に気をつけながら 必要に応じて、温めることを心がけてみてはいかがでしょうか。
ブログ記事一覧へもどる