ブログ

コンビニでの食事の選び方

2015.04.19

なかなか忙しく料理をする時間がない場合、外出先で食事を取らなければいけない時など困ります。

食材を気にしてくれているレストランも有りますが、なかなか見つけるのにも時間がかかるので、難しいです。

一番便利なのはコンビニで購入できるものがあればいいですね。

では、どうやって選べばいいでしょうか?

コンビニで売っているものにはほとんどが成分表示しています。

それを見て炭水化物が多く含まれているものは避けましょう。

サラダやおでん、豆腐などが低糖質で、簡単に食べられます。

おでんも大根などを選べばいいですね。

コンビニのサラダは種類もいろいろです。
野菜がたっぷりはいって、炭水化物が入っていないものを選びましょう。
でも、付属のドレッシングには要注意です。

外のコンビニを利用することが多い人はビネガーを混ぜてつくったドレッシングをいつも携帯していると便利です。
せっかく買った低糖のサラダも、たっぷりのドレッシングでは意味がありませんよね。

かといって何も付けないで食べるのも味気ないです。

コンビニで買った場合、食べる場所を見つけなければいけません。
近くに公園や自分のオフィスがあればいいですが、出先ではなかなか食べるところも見つけられないですね。

そんな時はやはりレストランに入ることになります。

その場合はどうしたらいいでしょうか?

選び方を工夫しましょう。

セットのランチなどを頼んでしまうと全部でカロリーが1000位上、油で炒めたお肉や野菜、更には揚げ物も沢山ついてご飯やパンもあります。

そんな時は単品料理を頼みましょう。サラダが一番いいですが、それではちょっと物足りなければ、ハンバーグでもごはんを一緒に頼まなければ大丈夫です。

何をどこで食べても、常に何に気をつけて食べればいいか、AGEを抑える食事のポイントを知っていれば、そんなにがんばって「絶対外食はしない。」という風にならなくてもすみます。

あまり神経質になりすぎるとそれだけで疲れてしまいますし、長続きしません。

ですので、気楽に考えて食事を取ってください。

〒152-0035 東京都目黒区自由が丘2-9-4 自由が丘 吉田ビル3階 302号室

03-6421-1966

自由が丘シュエット

ブログ記事一覧へもどる