ブログ

夏の冷えには注意が必要です

2015.07.31

暑い日が続いておりますが、皆さんどのようにお過ごしでしょうか?

今年も熱中症で何千人もの人が救急車で運ばれたというニュースが流れていました。
さてそんな暑い夏は外に出ず、家の中で涼しく過ごしたくなるものです。
でも、気をつけなければならないのが冷房の入れすぎで気がつかないうちに体を冷やし過ぎてしまうことなんです。
特に夜中は暑くて眠れずついつい冷房をつけっぱなしにしてしまいがちですね。
でもこの冷房のつけっぱなし、かなり体を冷やしてしまっているのです。
体が冷えると免疫力が低下して、体力が落ちてしまいます。
また、涼しい部屋で過ごしてから暑い外に出ると急な温度の変化で熱中症のリスクも高まります。
ではどんなことに気をつけたらいいでしょうか。
まずエアコンの温度は下げすぎないようにしましょう。我が家では28度の設定にしています。
でも会社などみんながいる場所では自分の好きな温度に設定することはできません。
その場合は体を冷やさないような服装をしましょう。
つま先とかかとのないタイプのタイツ・トレンカを履いたり、軽く羽織るカーデガンを持ち歩くのもいいです。 そのカーデガンも、uvカットのものを選べば外に出たときにも日差しよけになって一石二鳥です。 夏の日差しはお肌の大敵、こまめに脱ぎ着をして日差しに肌を晒さないようにしたいものです。
次に気をつけたいのが、バランスの良い食事を決まった時間にきちんと三食とること。
それが冷えから体を守るための基本となります。
さらに食べ物と飲み物の種類も気をつけると効果的です。
冷たい飲み物や冷たいサラダなどが食べたくなるかもしれませんがそこはあえて我慢して、体を温める作用のあるハーブティーを飲んだり、葉物ではなく根菜などの入った食べものをとりましょう。 それでも食欲がなくなたりする場合は、やはり冷たい食べ物が欲しくなります。
そんな時はそうめんやお蕎麦に薬味として生姜をすって入れましょう。
生姜は体を温める効果が抜群なので効果的です。

最後に、やっぱり夏といえばギンギンに冷えたビールですね!
でも冷たいビールは体を一気に冷やします。
ビールに比べて体を冷やしにくい日本酒やワインなどを選びましょう。
日本酒は冷えていても大丈夫ですが、熱燗のほうがいいです。
また、ワインは日本人にはあまり馴染みがありませんが、ホットワインにして飲むと美味しいんです。
それでもどうしても冷えが解消されない方は、マッサージで一気に血行を良くするのが近道ですね。

暑い夏、暑さにも冷えにも負けず乗り切ってください。

〒152-0035 東京都目黒区自由が丘2-9-4 自由が丘 吉田ビル3階 302号室

03-6421-1966

自由が丘シュエット

ブログ記事一覧へもどる