ブログ

未分類

間違った日焼け対策

この時期、寒い日本を脱出して温かい南国のリゾートでビーチを堪能してきたという方もいらっしゃると思いますが、日焼けは大丈夫ですか? 日差しの強い南国では、日焼け止めを塗っていてもバッチリ日焼けしてしまうことがありますので、よく注意してくださいね。 それでも日焼けしてしまったという方は、正しいケアの方法でシミなどを残さないようにしたいものです...
続きを読む

なぜ年齢とともに太りやすくなる?②

女性が年齢とともに太りやすくなるのは、女性ホルモンの分泌量と筋肉の衰えが原因であると言いました。ではそれぞれ、詳しく見ていきましょう。 まずは女性ホルモンについて。 これは卵巣から分泌される、エストロゲンと呼ばれる「卵胞ホルモン」と、プロゲステロンと呼ばれる「黄体ホルモン」の2種類があります。エストロゲンは卵巣や子宮の発達を促し、女性らし...
続きを読む

なぜ年齢とともに太りやすくなる?①

女性の体は、成長期を過ぎるとホルモンバランスが調整され、大人の女性としての体型に変わっていきます。子供のときには男の子も女の子もまっすぐな棒のような体型ですが、思春期頃から自然に女性の体が丸みを帯びたりするのは、そのためなんですね。 しかし丸みを帯びはじめてから20代くらいまでは、その丸みが美しく、とてもスタイルがよい状態であるといえます...
続きを読む

春の肌

春は気温の上昇によって肌の新陳代謝は活発になってくるため、老廃物が排出されやすくなり皮脂の分泌や汗も量も増えてきます。また春は風が強い日も多く、砂煙などでほこりも舞い上がりやすい時期であり、肌はとても汚れやすい状態になっています。 また花粉も飛び始めますので、アレルギーを持っている人には辛い季節でもありますよね。 気温の上昇は細菌の活動も...
続きを読む

クリームの使い方

ローションを肌になじませた後は、両手で顔全体を包み込むようにして触ってみましょう。このとき、ペタペタした感触ならしっかりと保湿された証拠ですが、なんだか保湿したばかりなのに肌が妙にさらさらしているような気がしたら保湿不足のサイン。もう一度ローションを肌になじませ、しっかりと肌が保湿されたら、仕上げのクリームで肌に水分を閉じ込めます。 ①...
続きを読む

クリームの種類

洗顔後、たっぷりのローションで肌に潤いを取り戻したら、せっかくチャージした水分が蒸発してしまわないようにふたをしてあげる必要があります。ただし、お気に入りの美容液などがある場合は、ローションを塗布した後に重ねづけし、しっかりと肌の深部まで浸透させてあげてくださいね。 では、ふたの役割を果たすクリームですが、乳液タイプやクリームタイプ、ジェ...
続きを読む

ローションの使い方

洗顔後に乾燥してしまったお肌にうるおいを与え、保湿効果を高めるために欠かせないローション。そのため洗顔後には必ずローションをたっぷりとお肌に塗布し、潤いをチャージ知ってあげる必要があります。 ローションは手のひらで直接つけたりコットンを使ったりしますが、基本はどちらでも好きな方法で構いません。コットンを使う場合は、やや多めにローションを必...
続きを読む

ローションの種類

クレンジング、洗顔で肌がきれいになったら、いよいよ栄養分を肌にチャージする段階です。肌に吸収させていくものにはローションや美容液、乳液などさまざまなアイテムがありますが、まずはローション(化粧水)から順に。 ローションには、洗顔後の乾いた肌に水分や保湿剤を補給するためのモイスチュアローション(洗顔によって失われた肌表面の水分を補給するタイ...
続きを読む

正しい洗顔法

洗顔は、クレンジングで浮き上がらせた汚れをしっかりと落とすステージ。しっかりと完全に汚れを落としますが、決して乱暴に肌を扱ったりしないようにすることがコツです。 ①  まず洗顔料をぬるま湯でしっかりと泡立てます。 ②  顔全体を泡でふわっと包み込める程度の量が泡立ったら、そのままたっぷり泡を肌に乗せ、顔全体を包み込むように優しく洗います。...
続きを読む

クレンジング後の洗顔

クレンジングが終わったら、次は洗顔のステップに入ります。洗顔料もやはりクレンジング同様にいろいろな種類がありますので、肌質に合わせて選ぶのが◎。 クレンジングと洗顔料での洗顔は「ダブル洗顔」といわれますが、クレンジングだけでは汚れを浮き上がらせるだけできれいに洗い流すことができませんので、特にしっかりメイクをしたときは必ずクレンジングで汚...
続きを読む
1 / 2512345...1020...最後 »