ブログ

糖化を防いでアンチエイジングをはかる

2015.01.28

老化の原因の一つに、糖化という現象があることをご存知でしょうか。 糖は、人間にとって非常に重要な栄養素で、適切にエネルギー源として使われていれば問題ありません。 しかしながら、糖は過剰になれば、時にタンパク質と結び付きます。 そうしてAGEs(最終糖化産物)という老化促進物質を生み出します。 具体的には、動脈硬化、白内障、肌のシワなどを引き起こしてしまいます。 この糖化を防ぐには、血糖値の急激な上昇を避けることが鍵になります。 なので、販売されているジュースをよく飲む、昼食をラーメンや丼などで済ますことが多い、 といった甘いものや炭水化物に偏った食生活を送っている場合は、改めたほうが賢明です。 食後1時間の血糖値が150を越えている場合には、糖化の傾向があると考えられますし、 200を越えているとかなり危険な状態だと言えるでしょう。 炭水化物を摂り過ぎないようにし、さらに未精製のものを摂るようにすれば、効果的です。 他には、食事の際の食べる順番に気をつけると良いです。野菜や海藻類から食べるようにしましょう。 食後は、軽い運動を行うようにするのも大切です。皿洗いをしたり、歩くようにしたりすると、血糖値の上昇を抑えることができます。 美容と健康のためには、エステも大切ですが、日頃の食生活も気をつける必要がありますね。 また、 AGEを分解するものとしては、 よもぎ、シャクヤクなどが有効だと言われていますし、 AGEを作らせないものとしては、 カモミール、コーンのひげなどが有効だとされています。 カモミールティーなどの紅茶も良いでしょう。 体が酸化すると糖化を促進するので活性酸素をさまたげる抗酸化力の強い物としては、 ポリフェノールが有効です。 そうした「糖化」を防ぐ食事をとることがアンチエイジングの第一歩です。 しっかりと注意していきましょう。 自由が丘のエステ&シェービングサロン シュエット 所在地 〒152-0035 東京都目黒区自由が丘2-9-4 自由が丘 吉田ビル3階 302号室 電話番号 03-6421-1966
ブログ記事一覧へもどる