ブログ

フィトケミカル成分沢山のハーブ③

2015.05.29

今回は『気分をリラックスさせる成分多く含むハーブをご紹介します。

最初にご紹介するのは、レモンバームです。
このレモンバーム、鎮静作用があるためイライラしている時に摂取すると落ち着く効果があります。

匂いはレモンのような香りで、ティーとして飲むのがお勧めです。

作り方

♦温かいホットティー

1,大さじ一杯分をすり鉢やスプーンで潰します。

2,カップにレモンバームを入れたら180℃のお湯で5分ほど蒸らします。

♦冷たいアイスティー

 レモンバームは水出しにも適しています。スッキリと飲みたいときにおすすめです。

1,ポットに水とレモンバーム(砕いたもの)を入れます。

2,大さじ2杯分を400mlの水に入れます。

3,マドラーで混ぜたら数時間置いておきます。

4,色が出てきたら、茶こしでこして出来上がりです。

お水は水道水ではなくミネラルウォーターを使用するのがお勧めです。

折角のいい匂いが水道水だと半減してしまいますね。

アイスのハーブティーですが、レモンバームは水出し用に適していてそのまま水を入れて作ることが出来ますが、水だけでは出ないハーブも沢山あります。

♦水出しがしにくいアイスティーの作り方

1,最初に70mlくらいのお湯で15分位蓋をして蒸らします。

  15分立ちましたら、氷をタップリと入れたグラスへ注ぎます。

実はハーブは暖かくするより、冷たくしたほうが、にがみが薄らぐんです。

ちょっとにがみの濃い種類などはこちらの方法で冷たく頂いたほうが飲みやすくなりますね。

次にご紹介するのがラベンダーです。

リラックス効果が高いのはラベンダーです。
みなさんは、アロマオイルで使用したことが多いのではないでしょうか?
小さなタオルにアロマオイル少し垂らして部屋においておいたり、お風呂のお湯に入れたりするといい香りでリラックスできます。

またこのラベンダー、ティーとしてもいただけます。ティーには「コモンラベンダー」という種類のものがお勧めです。分量は小さじ1杯を180ccのお湯で5分ほど蒸らします。

アロマでリラックスすれば、疲れたお肌も元気になれますね。

〒152-0035 東京都目黒区自由が丘2-9-4 自由が丘 吉田ビル3階 302号室

03-6421-1966

自由が丘シュエット

ブログ記事一覧へもどる